選択中:

「アライバ」は、大切なお着物を、
クリーニングし保管するサービスです。

着物の帯のクリーニングはどうすれば良い?保管方法もご紹介!

着物や帯は洋服とは異なり、家の洗濯機でザブザブ洗うことができません。

ほんの少しの汚れ、ちょっと気になる汚れがある場合、わざわざクリーニングに出さなくてはいけないのか、自宅でなんとかできないのか悩むこともあるでしょう。
そこで今回は、着物の帯のクリーニングについてご紹介してきます。

帯は自宅で洗えるの?

基本的に帯や着物は自宅では洗うことができません。

しかし最近では、ウォッシャブルな着物や帯も売られているので、そういったものに限り自宅の洗濯機で洗うことはできます。

 

正絹の帯が自宅の洗濯機で洗えない理由は大きく分けて2つあります。

まず正絹が水に弱い性質を示すため、自宅での洗濯は避けるべきだとされています。

 

正絹のものを洗って生地が縮んだり、生地がゴワゴワになったりといった経験をされたことはないでしょうか。

着物の帯は正絹で作られているものが多いので、洗濯機で洗えば生地が収縮したり、ゴワゴワになったりしてしまい使い物にならない状態になってしまうことがあるのです。

 

また、帯には帯芯や接着芯が入っているのですが、自宅の洗濯機で洗うことでこの帯芯が折れ、帯の型崩れを起こす原因になってしまうため、自宅での洗濯は避けるべきだとされています。

 

仮に帯芯が折れなかったとしても、洗濯過程で大量に水分を含んだ帯芯を自宅でしっかり乾かしきるのは難しいです。

布生地が乾いたからと安心して箪笥にしまいこんでしまうと大変なことになります。

帯芯が生乾きであればそこからカビが大量発生してしまうので、結果として帯は使えない状態となってしまうのです。

 
以上の理由から、帯の自宅洗濯は推奨されていません。

気になる汚れがあるのであれば、クリーニングに出したり悉皆屋に相談したりするようにしましょう。

帯の汚れやシワがどのぐらいあったらクリーニングする?

帯の汚れやシワといってもどの程度のものであればクリーニングへ持って行くべきか悩むこともあるでしょう。

長く、美しく着物や帯を楽しむためにも帯や着物の状態を把握しておくことは大切です。

 

まず帯のシワですが、お太鼓になる部分や巻いてお腹の前に来る部分に深いシワがあった場合はクリーニングに持って行きましょう。

お太鼓部分にシワが出ているととても目立ちますし、何より折角の帯柄が見えずもったいないことになるので、お太鼓部分にシワは作らないようにしましょう。

 

帯の汚れで気になることがあるとしたら、食べ汚し、雨染み、汗染みでしょう。

着物で食事をする際、帯の前部分に食べ物のカスなどがとんでしまうことがあります。

それをそのままにしておくと後々取れないシミとなって出てきてしまうので、少しでも自覚症状があったら早めにクリーニングに出し、シミ抜きをしてもらいましょう。

 

また、雨の日に雨ゴートなどを着ず、帯が雨に晒されてしまった場合も、すぐにクリーニングに出しましょう。

濡れたなら乾かせば大丈夫だろうと思っても、後々シミとなって現れるケースが多いので気を付けて下さい。

 

汗染みに関しては、汗をかいたからと毎度毎度クリーニングに出す必要はありません。

しかし、とても暑い日にいつも以上に汗をかいてしまった、帯を解いた時にいつも以上に水分を含んでいるように感じられたといった場合はクリーニングに出しましょう。

帯を汚さないための扱い方

帯はそう頻繁にクリーニングに出さないものなので、日頃からお手入れを徹底し、清潔な状態を保つことが大切です。
 

まず、雨の日に着物でお出かけする場合は必ず帯まですっぽり隠れる雨ゴートを持参しましょう。

雨に濡らさないようにすることで雨水や泥水から大切な帯を守ることができます。
 

食事会に着物を着て行く際には、できる限りナプキンで帯までカバーするようにしましょう。

また、意外と指先や手というのは汚れているものなので、必要以上にベタベタと帯を触らないようにするというのも帯を綺麗に保っておくコツです。

帯の保管方法

帯は着物同様湿気や虫を嫌うので、帯を使った後は必ず十分に虫干しし、乾燥させることが大切です。

この時、汚れやシミがないかの確認もしっかり行い、埃や汚れを見つけたらすぐに和装用ブラシや固く絞ったタオルなどで汚れを取り除くようにしておきます。

タオルやブラシで取り除けない汚れがあった場合は、クリーニングに出し綺麗にしてもらいましょう。
 

十分に乾燥させた帯は、桐ダンスやたとう紙など通気性の良いものの中で保管します。

保管スペースが十分にないからとやたらに折ってしまっておくと余計なシワをつける原因になるので、畳むのは最小限に留め、シワがつかないように棒状の枕を多用しながら保管するようにしましょう。 

ところで、防虫用に防虫剤を使用される方がいますが、間違っても帯に直接防虫剤をおくようなことはしないよう気を付けて下さい。
防虫剤の化学薬品が帯生地に触れることで化学反応を起し、変色や生地の破損を招いてしまうことがあります。
 

また、金糸や銀糸は傷みやすいので、その部分だけ薄紙などを当て、より丁寧にケアしてあげると帯をいつまでも美しく使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

帯は自宅で洗濯することはできないので、少しでも気になるシミやシワが出てきたら早めに悉皆屋やクリーニングに出しましょう。

 

汚れなどをそのままに放置しておくとカビ発生の原因となってしまいます。

少しでも長く帯を楽しむためには適切なお手入れがとても大事になってきます。

 

しかし、分かってはいても家のスペース問題、湿度の問題など様々なトラブルに頭を悩ませることもあるでしょう。
 

家の環境が着物の保管に適していないからと着物を諦めるのはお待ちください。

「アライバ」にて3点パックでお申込み頂ければ、帯と長襦袢もクリーニング、保管が可能になります。

大切な着物や帯を自宅でしっかり管理できる自信がないという方、スペースが無くて困っているという方は是非一度「アライバ」にご相談ください。