選択中:

着物クリーニングならアライバ

浴衣もクリーニングするの?自宅で洗濯&保管する方法も紹介

夏に楽しみたい浴衣。
花火大会やお祭りに浴衣を着て出かけたのはいいけど、お手入れどうしたらいいの?と悩んでいませんか。
 
今回は自宅で洗濯する方法やクリーニングに依頼した場合の相場を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

浴衣は自分でも洗えます!

浴衣を脱いだとき、お腹周りや首回りが汗でじっとり湿っていませんか。浴衣に目立った汚れもなく、近いうちにまだ着る予定があるなら、ハンガーにつるして1~2日程度風通しをして畳んでおけば大丈夫です。
 

でも、浴衣が汚れたり、今シーズンはもう着ないという時はしっかり汚れを落としましょう。浴衣は家でも洗濯できます、自分で洗うと費用と時間がかからないというメリットがあります。
 
ですが、洗う方法を間違えると、浴衣が縮んでしまったり、色移りしてもう着られなくなることもあるので注意が必要です。浴衣が洗えるか、確認するポイントは2つです。

ポイント1.洗濯可の表示があるか

浴衣についているタグを見て洗濯可の表示があれば、洗濯OK。洗濯不可の表示の場合は、浴衣をクリーニング店に持って行きましょう。
 
温度設定などが書いてある場合は、温度にも注意が必要です。

ポイント2.色落ち・色移りしないか

裏地の縫い代など目立たないところに洗剤をつけます。数分おいてから、白い布で押さえます。
 
色がつくようなら、色移りするのでプロのクリーニングに頼みましょう。色がつかなければ家で洗濯できます。

自宅で洗濯する方法をご紹介します!

洗濯できる浴衣と分かったら、次は洗濯の手順を確認しましょう。

①汚れ、シミをチェック

首回り、袖、裾など汚れがつきやすい場所を確認します。洗濯機で洗う前に、汚れを落としておきます。洗濯用の洗剤を使ってもいいですが、汚れごとに洗剤を使い分けるとより効果があります。あまり力を入れずに優しく汚れを落としましょう。
 
(例)
ファンデーション→クレンジング剤

泥→固形洗剤

食べこぼし→食器用洗剤

②洗濯する

浴衣のシワを予防するために、畳んで洗濯ネットに入れて洗濯します。できれば、中性洗剤(おしゃれ着用の洗濯洗剤)で、洗濯機はおしゃれ着コースを選びましょう。
 

おしゃれ着コースがない洗濯機の場合、脱水時間を1分に設定します。長時間脱水をすると、シワになりやすく、生地もよれてしまうので注意が必要です。

③陰干しで乾かす

浴衣は直射日光による色あせを防ぐため、日陰に干します。和装ハンガーがあれば、ハンガーに掛けて干します。
 
和装ハンガーがなければ、物干し竿に浴衣の袖を通して干せば大丈夫です。物干し竿が低くて裾が床につく場合は、二つ折りにして竿にかけます。そのときに、袖がぶら下がってしまうので、洗濯ばさみで竿に固定します。
 
浴衣を干すときは、直線を意識してください。袖は横一直線に、胴体部分は縦一直線になるようにしっかり手でシワを伸ばします。物干し竿の汚れは先に拭き取っておきましょう。

④浴衣を畳んで保管

干した後は、シワを伸ばしながら着物畳みをします。次に浴衣を着る前に(できれば前日)、アイロンをかけるとさらに良し。衿や胸元・背中にスプレー糊をしてアイロンをかけると、首回りがきれいにみえます。
 
保管場所ですが、桐タンスでなくとも大丈夫です。衣装ケースに乾燥剤と防虫剤を入れて代用することができます。ただしそのままクローゼットの奥に入れて来年まで放置してしまうと湿気てシミやカビなどができる恐れがあるので注意。
 
少し手間ですが、シーズンオフ中でも1回は取り出して風を通し、様子を見てあげると良いですよ。

浴衣をクリーニングに出すタイミングは?

来年もまた同じ浴衣を着たい、誂(あつら)えてもらった浴衣で大切にしたいと考えている人もいますよね。そんな場合は、「今年はもう浴衣を着ない」というタイミングでプロのクリーニングに依頼しましょう。

 

プロに頼むメリット

・ドライマーク、洗濯不可の浴衣・帯でも洗濯が出来る

・生地へのダメージを最小限にして汚れを落としてくれる

浴衣クリーニングの料金相場は?

クリーニングを頼む時には、費用が気になりますよね。
 
ネット注文やクリーニング店頭の料金を調べてみると、1,000円~5,000円と価格に幅があります。この価格の差は、機械仕上げなのか手仕上げなのかによります。
 
「しみをきちんと落としたい」、「汗をたくさんかいた(汗抜き)」など気になる汚れがあれば、注文時にお店側に伝えておきましょう。しみ抜き、汗抜きは別途費用がかかりますが、「汚れが落ちてなくてがっかり」することがなくなります。
 
クリーニング店によっては、保管(預かり)サービスがあります。ネットで何店舗か見積もりをとりながら、自分にあったサービスも見つけてください。

まとめ

浴衣の洗濯方法と注意点についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
 
当店「アライバ」では、ネット注文(3,980円(税抜き))、店舗注文(2,980円(税抜き))で浴衣クリーニングを受け付けています。保管も承りますので、浴衣の洗濯・保管に手間をかけたくない方はぜひご相談ください!
 
また、来年もきれいな浴衣で夏の想い出をたくさん作ってくださいね。